ここから本文です

デ・ブライネら“個の力”を改めて感じるも…吉田麻也「美談で終わらせるのではなく、皆さんには厳しい意見を」

7/3(火) 8:51配信

GOAL

日本代表は2日に行われたロシア・ワールドカップ決勝トーナメント1回戦のベルギー代表戦で2-3の敗戦を喫した。試合後、吉田麻也は「大会を通して言えば初戦から非常に印象深いパフォーマンスを世界に見せることができたと思います」と総括しながらも、悔しさを滲ませながら日本サッカー界の将来を見据えた。

日本は0-0で迎えた後半、原口元気と乾貴士のゴールで2点をリード。しかし、そこからヤン・フェルトンゲンとマルアン・フェライニにネットを揺らされると、アディショナルタイム4分、ナセル・シャドリに決められ、2-3の惜敗で大会を後にした。

吉田はベルギー戦の結果について、「今日の結果に限って言えば全く満足していないです」と惜敗ながらも敗戦を重く受け止め、以下のように続けた。

「相手が大きな選手を入れてロングボールや簡単なクロスを入れ始めたり、セットプレーからの失点もありました。しかし、やはりこのようなビッグチームに対して2-0で70分までプレーできていて、そこから3点返されるのは精神的な脆さが出たんじゃないかと感じます。それは経験から来るものなのか、自信からくるものなのかは分からないです。でも、向こうは多くの選手がビッグクラブでプレーしているので、その強さは僕らが学ばなければならない部分だと思います」

アディショナルタイムの3失点目では、日本のCKからGKティボー・クルトゥワ、ケビン・デ・ブライネとつながれ、最後はクロスをロメル・ルカクがスルーしたところをナセル・シャドリに決められた。吉田はデ・ブライネやルカクの個の力がゴールに直結したと冷静に分析しつつ、日本にも問題があったと話した。

「最後なので全力で戻りましたけど、デ・ブライネは非常に速かった。やはりトップスピードの中であのパフォーマンスを出せるのは彼の…(凄さ)。あそこで冷静にスルーできるルカクのうまさもありました。でも、一瞬(日本の)スイッチが切れたんじゃないかなと思います。そういうところも含めて、精神的に脆かったのかな」

「試合の終わらせ方とか試合の運び方は、まだまだベルギーみたいな大国とはだいぶ差があるなと思いました」

さらに吉田は、日本サッカー界の将来に向けて、「フィジカル的な問題は今日明日で変わるわけじゃない。育成の部分から改善していかなければならない。日本のクイックネスやアジリティの部分で良さを出しつつも、もっと世界で通用する選手を輩出していかなければならない。そこは日本全体がサッカー協会と選手がしっかり考えなければいけないかなと思います」とコメント。

コンビを組んだ昌子源など若手だった選手の成長について問われた吉田は、「やはりたくさんの選手がヨーロッパでプレーして、揉まれて、学んでいかなければいけないんじゃないかと思います。源や(植田)直通、(鈴木)大輔などに言ってきましたが、彼ら(ベルギー選手など)と対峙していないと、大舞台でいきなり対戦するのは難しい。そういう経験値の部分を次の4年で高めていかないと」と語り、海外でプレーする経験の重要性を説いた。

そして最後に、「ここで終わりじゃないですから。ベスト16にいって、優勝候補にいい試合をしたという美談で終わらせるんじゃなくて、課題からしっかりと学んで何をしなければならないかを選手、そして協会も考える。そうしないと日本は強くなっていかないと思うので、ぜひ皆さんにも厳しい意見をお願いしたいです」と、日本サッカー界の将来のためにシビアな意見も受け止める覚悟を示した。

GOAL

最終更新:7/3(火) 8:51
GOAL