ここから本文です

伊メディア、日本の健闘を称える「勇ましいサムライに敬意を」「アジアの成長を証明」

7/3(火) 11:34配信

GOAL

ベルギーに逆転を許し、敗退が決まった日本について、イタリアメディア『スカイスポーツ』は、「ハラキリ」の見出しで大きく報じるも、健闘を称えている。

大迫の奥さんも半端ないって!サッカー選手の美人すぎる彼女・妻たち【30枚】

日本はロシア・ワールドカップ決勝トーナメント1回戦でベルギーと対戦。原口元気と乾貴士によるスーパーゴールで先制しながら、後半のアディショナルタイムに決勝点を献上し、2-3で逆転負けを喫した。悲願のベスト8進出は叶わず、イタリアでは「ハラキリ」と報じられている。

「日本がまたハラキリ…8年ごとに16強で敗退」との見出しで、2002年日韓大会、2010年南アフリカ大会に引き続き、決勝T1回戦での日本の敗退が決定したことを報道。「日本のジンクスは続く。3回とも敗退の方法は違ったが、いずれも痛々しいものだ。なかなか消化できないだろう」と見解を示した。また「W杯出場が“まだ”20年のアジアチームにとって、8強はタブーのままとなった」と綴っている。

ベルギーに「悪夢の逆転」をされたが、「まるで“いけにえ”のようにピッチへ入った日本は、勇ましいサムライのように胸を張ってピッチを後にした。このチームに敬意を示そう」と、ベルギーが優勢と見られる中、一時は2点のリードを保ち、爪痕を残した日本を称えた。また「ニシノ(西野朗監督)の代表チームは再び、アジアサッカーが絶え間なく成長していることを証明して見せた」と締めくくっている。

一方『ラ・レプブリカ』は、日本対ベルギー戦について、「94分に(ナセル)シャドリがニッポン人の夢を消し去った」と伝えた。ベルギーは、途中出場のマルアン・フェライニとシャドリがゴールを決めたことで、「(指揮官ロベルト)マルティネスの采配が決定的だった」と論じ、「日本の夢は、一瞬にして消えた。日本の歴史的偉業は立ち消えになった」と語っている。

GOAL

最終更新:7/3(火) 11:35
GOAL