ここから本文です

「虚しい敗北」韓国紙、日本代表の敗退を大きく報道「アジア勢で16強の壁を超えたのは我々だけ」

7/3(火) 14:06配信

GOAL

ロシア・ワールドカップでアジア勢唯一、決勝トーナメントに進出した日本代表だったが、2日に行われたベルギー戦で2-3と敗れ、史上初のベスト8入りを逃した。日本の逆転負けについて、韓国メディアは「虚しい敗北」と伝えている。

大迫の奥さんも半端ないって!サッカー選手の美人すぎる彼女・妻たち【30枚】

ベスト16でFIFAランク3位のベルギーと対戦した日本は、後半に原口元気と乾貴士のゴールで先制しながらも、その後立て続けに2失点。後半アディショナルタイムに電光石火のカウンターを浴びて2-3の逆転負けを喫した。

韓国の『スポーツソウル』は「日本は、個人の技量に優れていてベルギーを相手に善戦した。ボールを保持すれば確実にベルギーを苦しめていた」と戦いぶりを評価しつつも、「ベルギーが、フィジカルに優れた交代カードを切ると、あっという間に崩壊した。ロメル・ルカクは封じたが、(マルアン)フェライニについては対応できなかった。体格の良い相手に弱い弱点がそのまま表れた。日本は韓国やイランに比べて技術力はあるが、代わりにフィジカルは弱い」と、敗れた理由について言及。そのフィジカルの弱さは「我々に完敗した昨年12月のE-1選手権で明らかになっていたこと」と続けた。

初の8強入りを逃したことについては「アジアで16強を通過したチームは、未だ2002年の韓国だけだ。日本は今大会に出場したアジア5チームの中で唯一生存し、初の記録に挑戦したが、それは無駄に終わってしまった」

しかしながら「韓国はFIFAランク1位のドイツに勝利したし、イランは死の組で1勝1分1敗の好成績を収めた。そして日本は8強進出の希望を得ることができた。限界も明確だったが、今大会でアジアチームが飛躍したことは間違いない。次のカタール大会では、8強に進むアジア国が出てくるかもしれない」と期待の言葉で締めくくっている。

GOAL

最終更新:7/3(火) 14:06
GOAL