ここから本文です

中国で需要高まる高齢者旅行市場、ルールの徹底必要

7/3(火) 12:15配信

東方新報

【東方新報】中国では生活レベルが向上するにつれて、価値観が変化し、旅行に出かける高齢者が多くなった。統計によると、現在中国で60歳以上の人数は2億2200万人で、総人口の16.1%。高齢者の人口比率が増加するのに伴って、巨大な高齢者旅行市場が生まれている。中国の高齢者の旅行者数は、国内の旅行者総数の20%以上を占めている。

 市場は熱を帯びているが、高齢者の権益の保証がまだ追いついていない。旅先でけがや詐欺被害に遭っても、訴える場所がないのだ。保険会社が賠償を行う条件があまりにもずさんで、高齢者旅行市場の健全な発展を妨げている。

 2016年に中国政府が発表した「旅行社高齢者旅行サービス規範」では、高齢者の団体ツアーを行う場合はチャーター機や特別列車には必ず医療関係者を帯同させ、ガイドは応急処置ができなければならないと決められている。また、車による移動は2時間を超えてはならないなど、細かい規定が設けられたが、ここ数年の状況を見ると、規範の徹底した実現はまだ難しく、旅行関係者でも詳しい内容を知らない人もいるほどだ。

 高齢者旅行市場の整備は、高齢者の心身の健康を守るだけでなく、旅行市場全体の発展にも影響を及ぼし、結果として社会経済を促進する作用が期待できる。政府の関連部門は監督・管理を強化し、商品の改善とサービスの向上を旅行会社に促すべきだ。

 また、旅行時の保険や医療、交通手段などにも指導が必要だ。また、旅行会社は、高齢者の生活習慣に応じてツアーを計画し、高齢者の需要に応える努力をしなければならない。同時に、高齢の旅行者は「格安ツアー」といった概念は捨て去り、旅行の安全と品質を重視するべきだ。(c)東方新報/AFPBB News

※「東方新報」は、1995年に日本で創刊された中国語の新聞です。

最終更新:7/3(火) 12:15
東方新報