ここから本文です

ゼロワンが新体制に移行 笹崎レフェリーが社長就任

7/4(水) 1:08配信

東スポWeb

 ゼロワンは4日、7月から新体制に移行したと発表した。

 2016年10月から代表取締役社長兼CEOを務めた大野佳隆氏(53)が6月30日をもって退任し、新たに営業本部長だった笹崎勝己レフェリー(53)が7月から代表取締役社長に就任。また、取締役社長の大谷晋二郎(45)が新たに取締役会長になった。大野氏の退任理由は、業績回復の兆しが見え始めたことで、選手、スタッフに将来を託したいという意向のためという。

 このほか、田中将斗(45)と佐藤耕平(40)が副社長に就任し、お笑い芸人の三又又三(51)がGMを務める。

 大谷は「7月より新体制となり新しいスタートをさせていただきます。今まで僕たちを支えてくださった大野社長には感謝の気持ちでいっぱいです。そして今後もゼロワンを全力で応援すると言ってくださった大野社長の熱い思いを裏切らないよう全力で頑張らせていただきたいと思います。ゼロワンはこれからも熱いプロレスを続けていくことを心からお約束させていただきます」とコメントした。

最終更新:7/4(水) 8:14
東スポWeb