ここから本文です

積極補強の名古屋、DF丸山祐市を獲得!9年半在籍のFC東京に別れ「難しい決断だった」

7/4(水) 18:51配信

GOAL

名古屋グランパスは4日、FC東京よりDF丸山祐市が完全移籍で加入することを発表した。背番号は17に決定している。

大迫の奥さんも半端ないって!サッカー選手の美人すぎる彼女・妻たち【30枚】

東京都出身、現在29歳の丸山は、FC東京U-15から國学院久我山高校、明治大学を経て2012年にFC東京に加入。2015年、16年には日本代表にも招集された経験がある。今季の明治安田生命J1リーグでは9試合に出場。ワールドカップ中断期間中に積極補強を進める名古屋への加入が決まった。

9年半をFC東京で過ごした丸山は、クラブを通じて「シーズン途中にチームを離れることを大変申し訳なく思っています。また優勝できる可能性のある中での、移籍は大変難しい決断でした」とコメント。

「たくさん悩み、考え抜いた中で、新しい環境でチャレンジし、一選手としてもっと成長したいと思い移籍を決めました」と続け、「チームが良い時も悪い時も、味の素スタジアムでは勿論、遠いアウェイの地でも、熱い応援で後押し・勇気をくれたファン・サポーターのみなさまには感謝の言葉しかありません。FC東京の丸山祐市ではなくなりますが、成長した姿を魅せられるように頑張ります。9年半、ありがとうございました」と感謝の言葉を述べている。

また、加入する名古屋を通じては「今回シーズン途中の移籍ということで、非常に難しい判断ではありましたが、名古屋グランパスの熱意に押され決断致しました。風間監督が目指しているサッカーに1日も早く順応できるよう頑張りたいと思います。また、チームの現状を変えられるように、自分の100%の力を出して戦いたいと思います。応援よろしくお願いします」と意気込みを語っている。

名古屋は、この中断期間中に柏レイソルからDF中谷進之介、川崎フロンターレよりMFエドゥアルド・ネットを獲得するなど、積極補強を進めている。最下位に沈む風間グランパスが、後半戦の巻き返しへ貴重な戦力を確保している。

GOAL

最終更新:7/4(水) 18:51
GOAL