ここから本文です

覚醒剤逮捕・起訴のセクシー女優 妊娠判明!

7/4(水) 11:00配信

東スポWeb

 子供は大丈夫なのか!? 覚醒剤を使用したとして覚醒剤取締法違反の罪で逮捕・起訴されたセクシー女優の麻生希被告(33=本名・島崎彩)が妊娠していたことが2日、2月に一緒に逮捕された交際相手の男の裁判で明らかになった。2人が同棲していたアパートはまるで“違法ドラッグストア”だったにもかかわらず、だ。出産予定は9月というが…。

 覚醒剤取締法違反(所持・使用)の罪に問われた東京都目黒区の無職、高畑愛平被告(27)の裁判が2日、横浜地裁(吉田勝栄裁判官)で開かれた。

 5月の初公判後に保釈されて、今は実家のある福島県内で両親らと生活する高畑被告は頭を丸めてすっきり。2月20日に自宅で麻生被告と覚醒剤を所持・使用したという起訴内容に新たな訴因が加わった。

 自宅からはコカイン含有の粉末約18・787グラム、合成麻薬MDMAを含む粉末約1・216グラム、大麻の乾燥植物片約5・215グラムなどが押収された。罪名に麻薬取締法違反と大麻取締法違反が追加。これらについても「事実です」と認めた。

 覚醒剤の購入・使用などの管理において2人は共犯関係にあった一方、他の薬物に関しては麻生被告の関与は低いという。高畑被告の検察官調書によると「コカインは密売人から100グラムの単位で仕入れたもの。代金は100万円」で「コカインは知人と半分ずつお金を出し合って計100グラム購入し、50グラムに分けて自分で使おうとして残ったもの」とのこと。

 麻生被告は、コカイン購入代金を払っていないものの、購入時に自分の口座を提供した。

 検察官の取り調べに「覚醒剤は自由に使っていいよと言われていた。コカインは使っていいとまで言われたことはない。コカインが送られてきたときに、1回だけお試しで被告人に勧められて使っただけ」と話している。覚醒剤以上の禁制品であるコカインを使用したにもかかわらず「1回だけお試しで」とは豪胆な物言いである。

 MDMAと大麻に関して、麻生被告による使用や存在への認識は否定されている。ただし、違法薬物は地下1階のベッド周辺のケースなどに覚醒剤の小袋とともに収納されていた。同じ場所にあったのなら、存在に気付いていてもおかしくないだろう。

 また、起訴されていないものの、幻覚剤「DMT」を含有する粉末も発見されている。

 この法廷で情状証人として出廷した高畑被告の父親(62)の口からも驚きの事実が明らかに。逮捕後、3月下旬以降に初めて接見したときのことだ。

「愛平は『自分に子供ができた』と言っていた。相手は彩さん。島崎彩さん。『おなかに子供がいて、9月17日に生まれる。名前も考えていて、一緒に結婚して生活したい』という内容でした。『僕はこれから覚醒剤をしない』と言っていた」(父親)

 予定日から逆算すると、昨年の12月25日前後にできた命だ。2人は交際を一度解消するも、ヨリを戻して昨年10月から事件現場のアパートで同棲を開始して、同時期にすでに2人で覚醒剤を購入していた。違法薬物のデパートのような自宅で愛の結晶がつくられていたとは…。

 麻生被告の公判予定は5月9日から計3回も期日取り消しとなっている。いまだ始まらない裁判も、妊婦の体を気遣ったと考えれば納得がいく。すでに保釈された麻生被告は5月21日、ツイッターで「大きく傷く(原文ママ)こともありますが恥じる人生を歩んだと思っておりません。今後何があろうとも、それが私の人生と受け止め日々過ごしたいと思います」と投稿した。

 アダルトデビュー、2016年に有罪判決(執行猶予)を受けた薬物事件を含めて2度の逮捕、そして妊娠。ジェットコースターのような人生について、本人の口から詳しい心情が語られる日はいつになるのだろうか。

最終更新:7/4(水) 16:54
東スポWeb