ここから本文です

日本代表次期監督にクリンスマン氏浮上 ドイツ、米国を指揮 西野監督続投と2案

7/4(水) 6:01配信

デイリースポーツ

 「ロシアW杯・1回戦、ベルギー3-2日本」(2日、ロストフナドヌー)

 サッカーのW杯ロシア大会を戦う日本代表は2日(日本時間3日未明)、史上初の8強入りをかけて優勝候補のベルギーと対戦して2-3で敗れた。後半にMF原口元気(27)=ハノーバー、MF乾貴士(30)=ベティス=のゴールで2点を先行も、3失点を喫して逆転負け。西野朗監督(63)は「結果は残念の一言」と悔しさをにじませた。また今後の代表体制について、元ドイツ代表監督のユルゲン・クリンスマン氏(53)が次期監督の有力候補に浮上していることが判明。西野監督の続投案とともに協会内で検討が進められる。

【写真】西野ジャパンのW杯を振り返る 半端ない大迫、物議のパス回し、悔しいベルギー戦

 日本代表の次期監督に、元ドイツ代表FWでドイツ、米国代表をW杯で指揮した経験を持つクリンスマン氏が有力候補として浮上した。

 当初はW杯後の新体制について、日本人監督を推す声もあったが、ベルギー戦から一夜明けた3日、日本協会の田嶋会長は新体制について「全くの白紙」としながらも「日本人ではないといけないというわけではない」と話した。

 以前から検討されていた森保東京五輪監督のA代表兼任プランは、五輪優先のため見送る方針。現状は西野監督の続投か、外国人監督の招へい案の2つが基本線だが、関係者によると外国人監督の最上位にクリンスマン氏の名前があるという。

 田嶋会長は試合後に行った西野監督との会談内容を明かすことはなかったが、指揮官はベルギー戦後に「今回のW杯の戦いを次につなげていけるか。4年後に今大会のチャレンジが成功と言えるようなサッカー界にして欲しい」と述べている。

 新体制は7月20日の技術委員会で方針を打ち出し、早ければ同月内の理事会で決定。4年後を見据えた協会の決断に注目が集まる。

 ◆ユルゲン・クリンスマン 1964年7月30日、ドイツ南部ゲッピンゲン市出身。53歳。84年にシュツットガルトで頭角を現し、87~88年シーズンに得点王。その後もインテル・ミラノ、バイエルン・ミュンヘンなど名門クラブを渡り歩いた。西ドイツ代表では108試合出場で47得点。代表監督としてドイツ、米国を率いた。