ここから本文です

大谷翔平、元西武・ルブランに見逃し三振、左邪飛、見逃し三振…

7/4(水) 13:12配信

スポーツ報知

◆マリナーズ―エンゼルス(3日・シアトル)

 エンゼルスの大谷翔平投手(23)は3日(日本時間4日)、敵地のマリナーズ戦で「6番・指名打者」約1か月ぶりに出場した。

 注目の第1打席は3点を追う2回先頭。西武に所属した左腕、ルブランに対して2球目から積極的に振っていったが、最後は外角低めへ決まるカットボールに手が出ず見逃し三振に倒れた。

 シモンズの左越えソロで2点差に迫った4回1死は初球打ちしたが、左邪飛。7回1死は初球から積極的に振っていったが、1ボール2ストライクから見逃し三振を喫した。

 打者・大谷は6月4日の本拠地・ロイヤルズ戦で代打出場したのが最後。先発出場は「5番・指名打者」だった同3日の本拠地・レンジャーズ戦以来、約1か月ぶりだ。

 右肘の内側側副靱帯(じんたい)を損傷し、6月7日に自身の血小板を大量注入して治癒を促進するPRP(多血小板血漿)注射を受けた。同8日に故障者リスト入りし、同28日から両手での打撃練習を再開していた。マイナーでの調整は行わず、この日メジャー復帰した。

最終更新:7/14(土) 5:43
スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合7/16(月) 6:35