ここから本文です

【F東京】DF丸山祐市、名古屋に完全移籍発表

7/4(水) 17:43配信

スポーツ報知

 F東京は4日、元日本代表DF丸山祐市(29)が、名古屋に完全移籍することを発表した。この日、東京・小平のクラブハウスで対応した丸山は「東京が大好きですし、残りたいという気持ちももちろんありましたけど、最後は残りのサッカー人生がそこまで長くないと思っているので、チャレンジしたいという気持ちが強くありました。今は名古屋に行って、頑張りたい、成長したいという思いです」と明かした。

 F東京の下部組織出身の貴重な左利きのセンターバック。16年10月のロシアW杯アジア最終予選のオーストラリア戦では、日本代表デビューも果たした。だが今季はDF森重と韓国代表DF張賢秀(チャン・ヒョンス)の後塵(じん)を拝し、ここまで9試合の出場にとどまっていた。

 そんな矢先に、この中断期間中に名古屋からオファーが届いた。現在は最下位18位に沈むが、「本当に必要としてくれることや、熱意を持って僕を取りたいという気持ちは、もちろん伝わってきました。それに僕はしっかり応えたいという思いが強くなり、チャレンジしたいという気持ちが重なった。『やってやりたい、救いたい』という思いが増した感じですね」と今月に入り、移籍を決断。この日の練習で、チームメートに報告した。

 長年過ごしたF東京について「本当に長い間お世話になったし、プロ生活をスタートさせたし、代表にもここで入ったし、本当に感謝しかないです」と話した。名古屋には今週末から合流予定。「自分の決めた道を正解にできるように頑張りたいと思います」という男が、新たなスタートを切る。

最終更新:7/14(土) 4:21
スポーツ報知