ここから本文です

【Bリーグ】運営権DeNAへ譲渡の川崎、年間来場30万人目指す 

7/5(木) 5:52配信

スポーツ報知

 バスケットボールのB1リーグで、運営権が東芝からDeNAに譲渡された川崎が4日、川崎市内で来季の戦略発表会見を行った。「ブレイブサンダース」のチーム名と、えんじのチームカラーは受け継がれるが、ロゴは稲妻がデザインされたものに変わる。

 元沢伸夫社長は「バスケのステータスを上げて、メジャーにしたい。(野球、サッカーとの)差を埋めていきたい」と話し、5年後をメドに1万5000人収容の専用アリーナの建設や、年間来場者30万人超(昨季は9万人)を目指す。拠点が同じサッカーJ1の川崎とのコラボも増やし「企画をどんどん出していきたい」と相乗効果を狙う。また、北卓也ヘッドコーチ(46)の続投も発表された。

最終更新:7/17(火) 7:34
スポーツ報知