ここから本文です

代表引退の“心整っている”長谷部誠へ…長友「キャプテンの概念が変わった」

7/4(水) 21:52配信

ゲキサカ

 日本代表DF長友佑都が、同代表引退を表明したMF長谷部誠へメッセージを送った。

 34歳の長谷部は2006年2月にA代表デビュー。歴代5位の国際Aマッチ114試合に出場し、通算2得点だった。2010年南アフリカW杯の直前にゲームキャプテンを任され、2014年ブラジルW杯、2018年ロシアW杯と3大会連続でキャプテンを務めた。

 長友は自身のツイッター(@YutoNagatomo5)を更新。機内での2ショット写真とともに「長谷部誠。10年間代表で一緒だったけど、どんな時も整ってたな。整いすぎて、ギャグ通じなかったりすること多々あったけど。笑 ハセさんに出会って、キャプテンの概念が変わった。言葉にするのが難しいけど、とにかく偉大だった。そんなキャプテンの元で一緒に戦えたことを誇りに思います。ありがとう!」と感謝の言葉を送った。

最終更新:7/4(水) 21:52
ゲキサカ