ここから本文です

中国富裕層に人気、国外医療ツアーのわな リスクも大きく

7/4(水) 18:10配信

東方新報

【東方新報】中国の富裕層にとって、「国外治療」はまさしく生活の一部になっている。ある機関の大まかな統計によると、2017年に中国で治療目的で国外へ渡航した人の数は60万人を超えており、うち80%ががん患者だとされている。

 国外であればより良い治療や待遇を受けられると考えている人が多いが、現実はそうではないようだ。最近の報道によると、湖南省(Hunan)で国外治療に関連した詐欺事件が摘発されており、被害者は全国で1700人以上に上る。大金をつぎ込むなど、国外治療の現実が浮き彫りになっている。

 ■国外治療に行くかどうか、病気の種類による

 現在、世界各国のトップレベルの病院ではたくさんの中国人患者を見かける。背景には、中国と先進国との医療レベルの格差や、中国富裕層の台頭があると言われている。

 中国工程院(Chinese Academy of Engineering)の孫燕(Sun Yan)院士は、「がんになったら治療のために国外へ渡航するというのは、誤った認識だ」と指摘する。「症例の多いがん治療の水準は、米国とさほど遜色はない。食道がん、鼻咽頭がん、肝臓がんなど、欧米で症例の比較少ないがんは、中国の医師の臨床経験が国外医師よりも豊富な場合がある」と話す。

 ■「生きる道を求める」その背後にあるわな

 近年、ピークを迎えている国外治療。多くの人たちに「生きる希望」を与えているが、同時にこれまで見えていなかった問題も徐々に顕在化し始めてている。

 国外治療には、言葉の壁や得られる情報の隔たりがさらに大きくなり、仲介業者の橋渡しを必要とする人は多い。しかし、どういった資格の人が適しているのか、トラブルが起きた場合、こうした仲介業者がどのような法的権利や規則によって保証してくれるのかなど、不明瞭な部分がいまだに多い。

「重症患者が生きたいと思う気持ちを利用して、大げさに情報を誇張して国外治療の良さを話し、患者を大きな希望で満たす。仲介業者は成功例などを挙げているが、実際には、疾病の複雑さや個人差があり、人と同一の疾病だとしてもまったく同じ病状になるということはまずありえない。患者の成功例はあくまでも参考にとどめるべきで、模倣することなど不可能だ」。煤炭総医院(China Meitan General Hospital)ICU科の鄭山海(Zheng Shanhai)副主任は、誇大情報を流す仲介業者が後を絶たないと指摘する。

 仲介業者は、患者に巨額の投資をさせて国外治療を行わせようとする。しかし、その治療ががん患者にとって有効な治療法であるとは限らないし、治療のタイミングを誤るといった事態につながることもある。

 ■予測不可能なリスク

 専門家は、国外治療は狭い視野にとわれず、国外の先進医療技術や革新的な治療方法が患者の役に立てるという手段の一つに過ぎないと考えている。

 専門家は、重症患者がみなこぞって国外治療に行くことを推奨していない。「治療の流れや、法令・法規の違い、患者の身体状況などの要素から国外治療にはさまざまなリスクがある」。武漢大学人民医院(Renmin Hospital of Wuhan University)がんセンターの付振明(Fu Zhenming)副主任は、予測不可能なリスクがたくさんあると話し、真っ先に起こり得る問題として、翻訳の問題を挙げた。

「一般的な翻訳と医学の翻訳は異なり、患者の病状だけでなく、詳細な部分への正確な翻訳が必要になる。これができて初めて、国外の医師は患者に対して合理的な治療アドバイスを行える。そうでなければ、大きな誤解を生じ、医療ミスを引き起こす可能性も高まる。もう一点注意しなくてはならないことは、術後の診察が難しいという部分だ」

 現在、国内の一部の大病院は、国外の病院と業務提携して遠隔診断を行っている。

 まず遠隔診断によって重病患者の病状を確認し、双方の専門家が共同で最善の治療案をアドバイスし、最終的に中国内で治療を進めるというものだ。

「出国の準備をする前に、患者はまず国外の病院での治療の状況など初歩的な事柄を理解し、術後の効果や、費用など考慮した上で、国外治療の必要性を判断する。その上で、国外への医療ツアーにより大きな価値を見出せる」。ある医療機関も患者に対し、このように注意喚起している。(c)東方新報/AFPBB News

※「東方新報」は、1995年に日本で創刊された中国語の新聞です。

最終更新:7/4(水) 18:10
東方新報