ここから本文です

ビッグダディ三女・詩美 女子プロレス入団テスト合格!得意の柔道技で先輩を圧倒

7/5(木) 16:29配信

東スポWeb

 柔道整復師でタレントの“ビッグダディ”こと林下清志さん(53)三女の林下詩美(19)が5日、都内で女子プロレス「スターダム」の入団テストを見事突破し、プロレスラーとして第一歩を踏み出した。

 幼少期から父に柔道の指導を施され、兄弟の影響でプロレスが好きだったという詩美は入団テストでも非凡な才能を見せた。様々なバリエーションの腕立て伏せを120回、スクワット、ジャンピングスクワットを計150回こなした後に先輩レスラーとスパーリングで勝負。身長165センチ体重65キロの体格で、先輩たちに引けを取らない戦いぶりを見せ、ロッシー小川社長から「合格でいいと思いますよ。できないところは少しずつやればいい。8月12日、後楽園大会でのデビューを目指してください」との言葉を贈られた。

 自己PRでは背負い投げに払い腰と得意の柔道技も披露して「今は“ビッグダディの娘の林下詩美”ですが、いつか“スターダムといえば林下詩美”と言われるように頑張りたい」と目を輝かせた。

 2013年にプロレスデビューした“マット界の先輩”である父については「全然否定しないで(挑戦を)喜んでくれました。『柔道とプロレスでは受け身が違うからな』とアドバイスをもらいました」と明かした。

 また、この入団テスト前には会見も行われ、16日の後楽園ホール大会で「ワンダー・オブ・スターダム」王者の渡辺桃(18)に葉月(20)が、22日のエディオンアリーナ大阪第2競技場大会で「ワールド・オブ・スターダム」王者の花月(26)にバイパー(27)が、それぞれ挑戦することが発表された。

最終更新:7/5(木) 19:28
東スポWeb