ここから本文です

稀勢の里、名古屋場所休場 8場所連続は横綱単独ワースト

7/5(木) 11:03配信

スポーツ報知

 大相撲の横綱・稀勢の里(32)=田子ノ浦=が出場が名古屋場所(8日初・ドルフィンズアリーナ)を休場することになった。5日、名古屋市西区の部屋宿舎での朝稽古後に師匠の田子ノ浦親方(元幕内・隆の鶴)が明かした。稀勢の里の休場は8場所連続で通算9度目。横綱の8場所連続休場は年6場所制(1958年)以降では貴乃花(現親方)を抜き単独ワーストとなった。

 田子ノ浦親方は休場を決めたタイミングについて、「昨日(4日)の夕方に本人から話してきた。僕も厳しいという話をしようと思っていた」と説明。休場理由は左大胸筋の負傷で、「まだ少し痛みがある」という。

 この日の朝稽古に姿を見せた稀勢の里は四股、すり足などで終えて相撲は取らなかった。報道陣にも対応し、「必死に稽古をしたのですが調整がうまく進まず、まだ相撲勘が戻らないので休場することにした。また来場所に全てを賭けて頑張っていきたい」と自身の口で説明した。決断理由については、「昨日(4日)の稽古が終わって全体的に物足りなさがあった。気持ちが納得いかなかった」と幕内・千代の国に2回、転がされた九重部屋での稽古後だと明かした。

 これで単独ワーストの場所連続休場。新横綱だった昨年春場所で痛めた左上腕、左大胸筋が休場を長引かせているが、「気持ち的にも筋力的にもだいぶ良くなってきた。あともう少し。(左腕は)自然に出るものがありました」と回復を力説。次に出場する場所は進退を懸けると公言したとおりで、「そういう気持ちでやっていた」と改めて決意を語った。

 今後は場所中も稽古を重ねていく方針。田子ノ浦親方によると、29日からの夏巡業の参加は現時点では不明だが、「やりやすい相手ではなく苦手で(本場所で)対戦する力士とやる必要がある」(同親方)とより激しい稽古の必要性を訴えていた。

最終更新:7/14(土) 5:17
スポーツ報知