ここから本文です

文系女子高校生3人、アメンボの新種発見 60年ぶり

7/5(木) 15:44配信

朝日新聞デジタル

 長崎県立長崎西高校の生物部の女子生徒3人が、大村湾で新種のアメンボを見つけたと報告する論文をまとめ、カナダの国際学術誌(電子版)に掲載された。3人とも文系コースを選択する3年生。既知の種だとする専門家の解釈に疑問を抱き、根気強く調査や観察を重ねた。和名は「ナガサキアメンボ」と名付けた。アメンボの新種発見は60年ぶりという。

【写真】ナガサキアメンボ(長崎県の大村湾沿岸、安永智秀さん提供)

 新種を報告したのは、朝鍋遥さん(18)、平野安樹子さん(17)、桃坂瞳さん(17)。生物部顧問の長嶋哲也教諭(59)や、アメンボを含むカメムシの仲間に詳しいアメリカ自然史博物館の研究協力員、安永智秀さん(54)=長崎市=らの指導を受けて研究し、連名で論文をまとめた。

 3人は昨春、大村湾沿岸に生息する、絶滅危惧種を含む数種のアメンボについて研究を始めた。既存の論文によると、沿岸にすむアメンボは全て胴体が丸い種で、細長い種はいない。ところが、現地調査を始めるとすぐに、胴体が細長いアメンボが水面に大量にいるのを目にした。

 安永さんによると、専門家の間では、湾で見られる細長いアメンボは沿岸にすむ種ではなく、淡水の川にすむナミアメンボという種が偶発的に海に流れてきたものと考えられていた。だが、湾のほかの場所でも細長いアメンボを多数確認した3人は「これだけ大量にいるのなら、日常的に沿岸で生活しているのではないか」と考えた。

 土日や夏休みに、長嶋さんが運転する乗用車で朝から夕方まで湾を回り、アメンボを採集したり、塩類濃度を測定したりした。他の部員の助けも借りて、計57カ所を調査した。

 詳しく観察するため、飼育装置もつくった。はじめは、水槽に入れた海水の表面に細菌が繁殖して膜が張り、アメンボが浮かべなくなる現象に悩まされたが、2カ月の試行錯誤の末、水面に水滴を落とし続けると膜が張らないことがわかった。衣装ケースなどで装置を自作し、産卵、孵化(ふか)にも成功した。

 電子顕微鏡での観察や真空状態での実験も試みた。その結果、湾の沿岸でみかける細長いアメンボは、脚や触角の長さ、卵や生殖器の形といった形態面でも、孵化・生存できる塩類濃度や産卵場所といった生態面でも、ナミアメンボと特徴が異なることを突き止めた。卵から成虫になるまで、淡水と海水が混ざった汽水域で生活する新種と結論づけた。

 リーダーの朝鍋さんは「飼育法が確立できずに諦めかけたが、諦めないでよかった」と喜ぶ。平野さんは「実験も論文も学校のテストもと、夜遅くまで大変だった」、桃坂さんは「高校生活で一番の思い出になると思う」と話した。

 安永さんは「アメンボの新種発見は60年ぶり。好奇心を持って目をつけたことが一番大きい。この論文がきっかけとなり、研究者による分類のやり直しが始まると思う」と評価する。(中川壮)

朝日新聞社