ここから本文です

W杯サッカー日本代表帰国で空港フィーバー 午前2時の一番乗りファンは感涙

7/5(木) 15:02配信

デイリースポーツ

 サッカーW杯ロシア大会で2大会ぶりにベスト16入りした日本代表が5日午前、成田空港着の航空機で帰国した。報道陣250人、ファンや関係者800人と、約1000人が出迎える大フィーバー。大会前の低評価を覆して熱い戦いを繰り広げた日本代表に心を揺さぶられたサポーターが多く駆けつけた。

【写真】本田「 きよきよ(清々)しい」誤読を認め「漢字が苦手で」…潔さに称賛の声

 1番乗りの午前2時から待機していたという舩木優帆さん(20)=学生=は、前日の最終電車で都内から成田空港に到着。西野ジャパンの奮闘に感動した1人で「(1次リーグで)すぐ負けると思っていたけど、試合ごとに(心を)持っていかれた」と魅力に引き込まれ、迷わず空港に向かったという。

 到着ロビーで約9時間待った後、大ファンであるMF香川真司(ドルトムント)と対面した喜びで思わず感涙した。以前からなんとなくは応援していたものの、コロンビア戦での姿を見て一気に虜(とりこ)になったという。「PKを決めたシーンもベテランだからこそすごくしっかりしていて、めっちゃかっこよかった」。ただ、あふれる涙には別の意味もあったようで、「ずっと先頭で待っていたのに、カメラが下を向いていてビデオが撮れていなくて…」と悔しそうに明かした。これまでスタジアム観戦したことはなかったが、「行ってみたいです」とサッカー熱に目覚めたようだ。

 和歌山在住の山田智美さん(29)は、妹とともに早朝便で成田空港に駆けつけた。セレッソ大阪時代からMF乾貴士(ベティス)のファンだったが、今大会での大活躍で「さらに好きになった」という。大健闘した西野ジャパンには「(大会前は)いろいと言われたけど結果的にいい成績だった。夢を見させてくれました」と感謝の気持ちを述べていた。

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合