ここから本文です

田嶋会長「私たちサッカー協会はまた新たなスタートを切りたい」…会見全文1

7/5(木) 14:25配信

スポーツ報知

 サッカーW杯ロシア大会を16強で終えた日本代表が5日、成田空港着の日航チャーター機で帰国し、田嶋幸三会長(60)、西野朗監督(63)、長谷部誠主将(34)の3人が成田市内のホテルで会見を行った。

 田嶋会長が会見冒頭で語ったのは次の通り。

 「選手たち23名。そして井手口、浅野選手。予選突破にかかわった全ての選手、そして西野監督の下、スタッフが本当に集結して素晴らしい試合を展開してくれたと思います。改めて誇りに思いますし、感謝したいと思います。そして長きにわたり日本サッカーを支えてくださっていますキリン株式会社様、アディダス・ジャパン様、そしてサポーティングカンパニーの皆様に感謝申し上げます。そしてこの選手たちを育ててくださった、少年からJリーグに至るまで育ててくださった全ての関係者のみなさまに感謝し、そして直接育てなかったとしても日本サッカーの中で様々な活動をしてくださっているフットボールファミリーの方たちに感謝申し上げたいと思います」

 「本当に熱い応援をしてくださった日本国民の方々には本当に感謝したいと思っています。日本代表なんか嫌いだ、応援なんかしないと言って下さった方も関心を持っていただいたという意味で、その方々にも感謝しないといけないと思います。サッカーを文化にしたい。私たちはそういう気持ちで日本サッカー協会の活動に取り組んでいます。これは西野監督が技術委員長時代から常に議論していました。そしてそれが少しずつ形になって現れたのが、この大会だと思います。いろんなポジティブな面、ネガティブな面があったと思いますが、スポーツを、サッカーを文化にするというものにつながっていると思います」

 「残念ながら、このチームはここで解散ということになります。素晴らしい試合をしてくれたみんなに感謝し、本当にそれを支えて下さった家族の皆様にも感謝しないといけないと思います。残念ですけれど、これは仕方ないことだと思います。次に向けて、私たちサッカー協会はまた新たなスタートを切りたいと思っています」

最終更新:7/14(土) 4:48
スポーツ報知