ここから本文です

徳光康之「プロレスファン烈伝」が新日本プロレス公式本に登場、G1優勝者を予想

7/5(木) 22:06配信

コミックナタリー

徳光康之「最狂 超(スーパー)プロレスファン烈伝」の新作が、本日7月5日に新潮社より発売されたムック「NEW WORLD2―新日本プロレス公式ブック―」に掲載されている。

【写真】「NEW WORLD2―新日本プロレス公式ブック―」表紙(他2枚)

1991年から月刊少年マガジン(講談社)にて連載された「最狂 超プロレスファン烈伝」は、大学のプロレス研究会に所属する熱狂的なプロレスファンの生きざまやおかしな行動を描いた作品。現在も電子書籍で新作が発表され続けており、6月には5.4巻が配信されたばかりだ。

「NEW WORLD2」に全2ページで掲載された「最狂 超プロレスファン烈伝 #なう」には、オカダ・カズチカファンの例院名家(れいいんめいか)、棚橋弘至ファンの配布来風呂雄(はいふらいふろお)、内藤哲也ファンの出捨胃乃(ですていの)らが登場し、新日本プロレスで行われる恒例のリーグ戦「G1クライマックス」の2018年の優勝者は誰かを予想し合う内容となっている。

また「NEW WORLD2」にはゆでたまご・嶋田隆司による新日本プロレス観戦記のほか、棚橋弘至と甲本ヒロト(ザ・クロマニヨンズ)、オカダ・カズチカと作家の伊集院静といった組み合わせの対談などを掲載。さまざまな角度から新日本プロレスの魅力に迫る1冊となっている。