ここから本文です

【楽天】5連敗中の則本が6回4失点 勝利投手の権利持ち降板

7/5(木) 20:51配信

スポーツ報知

◆楽天―ソフトバンク(5日・楽天生命パーク)

 自己ワースト5連敗中と苦しんでいる楽天・則本昂大投手(27)が、勝利投手の権利を持ってマウンドを降りた。6回で104球を投げて7安打4失点(自責3)。1点リードの7回のマウンドには2番手・高梨が上がった。

 雨が降る恵まれないコンディションの中、必死に投げ続けた。初回に2死から内野安打と四球でランナーをためて内川に中前適時打を浴びて、あっさりと先取点を献上。2回に味方打線が島内の4号3ランなどで逆転すると、150キロ台の直球とキレのあるスライダーを中心に毎回三振を奪った。3回に上林、中村晃に連続二塁打を浴びて1点を失い、6回には昨季までチームメートだった西田に2ランを浴びたが、リードは守った。

 前回登板の6月27日・ロッテ戦(ZOZO)ではたった1個だけだった三振が、この試合では8個。5月19日・日本ハム戦(札幌D)以来となる5勝目の権利をつかみ「調子自体は悪くなかったです。ホームランは余計でした。逆転してくれた野手の皆さんに感謝です」と淡々と振り返った。

最終更新:7/14(土) 4:24
スポーツ報知

あわせて読みたい