ここから本文です

ラットのドラマー、ジミー・デグラッソ「もうラットの一員ではない」

7/5(木) 13:12配信

BARKS

ボビー・ブロッツァーに代わり、2017年からラットの公演でプレイしてきたドラマー、ジミー・デグラッソが、もうラットには関わっていないと明かしたという。

◆ジミー・デグラッソ画像

ハード・ロック/ヘヴィ・メタル界で有名なDJ/プレゼンターのエディ・トランクは水曜日(7月4日)、「昨晩、ジミー・デグラッソと話した。彼はもはやラットの一員ではなく、前へ進むことを選んだ」とつぶやいた。

『Metal Sludge』は3月、ギタリストのウォーレン・デ・マルティーニが脱退し、カルロス・カヴァーゾ(G)もそれに続いたと伝えていた。これにより、ラットは現在、スティーヴン・パーシー(Vo)とフォアン・クルーシェ(B)のみが残ったことになる。

ラットは今週土曜日(7月7日)から北米ツアーを開始する予定で、ニュー・ラインナップはその初日に明らかにされる模様。

ジョージ・リンチは先月、ツアーに参加しないか誘われたが、結局、「その話はまとまらなかった。彼らは電話をかけ直してこなかった」と明かしていた。

Ako Suzuki

最終更新:7/5(木) 13:12
BARKS