ここから本文です

ロンブー田村淳、慶應大通信課程に入学。青学不合格後に出願「とにかく学びたいという気持ち」

7/5(木) 7:13配信

ハフポスト日本版

ロンドンブーツ1号2号の田村淳さんが4月、慶應大学法学部・通信教育課程に入学したことが明らかになった。

この冬、青山学院大学を受験した田村さん。AbemaTVの番組で受験勉強に励む姿やTwitterのつぶやきが話題になったが、結果は全学部で不合格。

それでも、田村さんはあきらめなかった。なぜそこまで、学びを求めるのか? ハフポスト日本版が単独インタビューした。(ハフポスト日本版/南 麻理江・錦光山 雅子)

不合格の「その後」

今年中に、なんとか大学生になれないだろうかと思って情報を集めていました。僕の年齢(44歳)を考えると、とにかく時間がない。1年でも早く入学したい。少しでも可能性があるなら、この春にやれるだけのことは全部やりたかった。そんなとき、慶應大法学部の通信教育課程を知りました。

青学大の最後の「不合格」の結果を受け取った翌日、慶應大の資料を請求しました。

通信教育課程は書類選考で合否が決まります。その中に小論文があって、自分が、法律と向き合いたい理由を数百字にまとめました。古谷経衡さんの『日本を蝕む「極論」の正体』という本を引用し、極論にふれやすい社会の中で、ルールをどう作るべきなのかという自分の問題意識を盛り込みました。人生初の論文でもありました。

正直、心のどこかで「落ちるだろう」と思っていました。それまで全部落ち続けていたので。

僕みたいに中学高校で勉強しなかった人間が、大人になって学びたいと思っても、知識を問うタイプの入試は乗り越えられない。青学の受験で、そう痛感しました。進学校に通っていたような人が、「こんなことも学びたい」と思って学び直しするのとは、ワケが違う。

結果が届いたのは、3月末でした。

仕事中に、妻から「(合否判定の手紙が)来てるよ」と電話がきました。「いいよ、あけて」と言ってまもなく、電話の向こうから妻が「ぎゃー」と叫ぶ声が聞こえて、僕も合格を知りました。

嬉しいはずなんですけど、どこか「入れたんだー」とフワフワした気持ちだったのを覚えています。受験勉強の間は子どもの世話も、お風呂に入れるくらいしかできなかった。妻がとにかく喜んでいて、その姿に「苦労をかけていたんだ」と、改めて気づきました。

4月末の入学式は、妻と娘も一緒に出て、「入学式」と書いてある看板の前で自撮りしました。会場では僕が青学を受けたと知っていた人から、「通信にされたんですね」と声をかけられました。

1/3ページ