ここから本文です

FUNAI、有機ELを含む新型テレビ6シリーズ14モデルを一挙発売

7/5(木) 17:01配信

Stereo Sound ONLINE

UHD Blu-ray再生対応のレコーダーも同時発売

 FUNAI(フナイ)は、本日メディア向けに今夏発売のテレビ6シリーズ14機種、ならびにBlu-rayレコーダー3シリーズ6モデルの発表会を開催した。すべて7月14日発売で、これまでと同様にヤマダ電機での独占販売の形をとる。今回発表のモデルの価格とヤマダ電機店頭価格は下記を参照してほしい。

【画像】液晶テレビも12モデル発表

【4K解像度 有機ELテレビシリーズ】
■FE-65U7010:想定市場価格39万8800円(1TB HDD搭載)
■FE-55U7010:想定市場価格25万9800円(1TB HDD搭載)

【4K解像度 IPS液晶テレビシリーズ】
■FL-65U4110:想定市場価格21万9800円(1TB HDD搭載)
■FL-55U4110:想定市場価格15万9800円(1TB HDD搭載)
■FL-49U4110:想定市場価格11万9800円(1TB HDD搭載)
■FL-49U4010:想定市場価格10万4800円(500GB HDD搭載搭載)
■FL-43U4010:想定市場価格9万4800円(500GB HDD搭載搭載)
■FL-50U3010:想定市場価格4万9800円(HDD非搭載)

【2K解像度 IPS液晶テレビシリーズ】
■FL-40H2010:想定市場価格5万4800円/フルHD液晶(500GB HDD搭載搭載)
■FL-32H2010:想定市場価格3万9800円/WXGA液晶(500GB HDD搭載搭載)
■FL-24H2010:想定市場価格3万1800円/WXGA液晶(500GB HDD搭載搭載)
■FL-40H1010:想定市場価格3万9800円/フルHD液晶(HDD非搭載)
■FL-32H1010:想定市場価格2万9800円/WXGA液晶(HDD非搭載)
■FL-24H1010:想定市場価格1万9800円/WXGA液晶(HDD非搭載)
※4K(水平3840×垂直2160画素)、フルHD(水平1920×垂直1080画素)、WXGA(水平1366×垂直768画素)

【Blu-rayレコーダー(UHD Blu-ray再生対応)】
■FBR-UT2000:想定市場価格5万5800円/3チューナー(2TB HDD搭載)
■FBR-UT1000:想定市場価格4万9800円/3チューナー(1TB HDD搭載)

【Blu-rayレコーダー】
■FBR-HT2010:想定市場価格4万9800円/3チューナー 2TB HDD搭載
■FBR-HT1010:想定市場価格3万9800円/3チューナー 1TB HDD搭載
■FBR-HW1010:想定市場価格3万5800円/2チューナー 1TB HDD搭載
■FBR-HW510:想定市場価格3万1800円/2チューナー 500GB HDD搭載

 注目は、同社初となる4K&HDR対応の有機ELテレビ「7010」シリーズ。国内では、LG、東芝、パナソニック、ソニーに続く5ブランド目の登場となった。フナイの有機ELテレビで他社製と大きく異なるのは、録画用のHDD(1TB)を内蔵しており、買ってすぐにテレビ放送を録画できるという点だ。

 では、初めに有機ELテレビ7010シリーズの詳細をみていこう。今回登場したのは65型と55型の2モデルで、搭載される有機ELパネルは他社製品で先行して使用されているLGディスプレイの最新世代パネルのようだ。これに独自開発の高画質エンジン「クリアピクスエンジン4K HDR OLED」を組み合わせることで、「コントラストや明るさは保ちつつ、明るさに応じた輝度の最適化や階調表現には充分に注意を払っている」という。

 HDR信号は、HDR10と12月1日より開始される新4K8K衛星放送で使用されるHLG(ハイブリッド・ログガンマ)と、さらに最近話題のドルビービジョンの合計3規格に対応している。

 搭載されるチューナーは、地上デジタルとBS/110度CSデジタルがそれぞれ3基ずつで、前述の録画用HDDを使えばW録画も行なえる。USB HDD接続では同時に4台、最大24TBまでHDDを増設できる。なお、新4K8K衛星放送のチューナーは搭載しない。

 画面の下部正面向きに搭載されるスピーカーは2.2chフロント型サウンドシステム。フルレンジスピーカーとウーファーにパッシブラジエーターを組み合わせた形で、合計出力50Wのパワーアンプで駆動される。

 ネット配信動画のサポートも充実しており、Netflix、Youtube、dTV、U-NEXT、DAZNなどに対応。前述の5つはリモコンにダイレクト接続ボタンも搭載されている。


■倍速駆動対応の4K&HDR液晶テレビも登場

 今回は4K&HDRに対応した液晶テレビ3シリーズ6モデルも登場。4K液晶のフラッグシップにあたる「4110」シリーズは、録画用の1TB HDDを搭載するモデルで、65/55/49型の3モデルをラインナップする。パネルはIPSで、倍速駆動も装備されている。HDR方式は有機ELと同じく、HDR10、HLGならびにドルビービジョン規格に対応する。

 4K&HDR液晶のスタンダード機と位置付けられる「4010」シリーズは49/43型の2モデルで、録画用HDDは500GBの仕様になっている。こちらもパネルはIPSだが、倍速駆動は対応。

 4K&HDR液晶入門モデルの「3010」シリーズは50型のみのラインナップで、フナイテレビの特徴である録画用HDDは内蔵しない。また、ハイビジョン液晶テレビとして、500GB録画用HDD搭載の「2010」シリーズ(40/32/24型)と録画用HDD非搭載の「1010」シリーズ(40/32/24型)も同時発売される。


■フラッグシップBD/HDDレコーダーはUHD Blu-ray対応

 Blu-rayレコーダーは冒頭の通り、3シリーズ6モデルが登場。注目は同社初となるUHD Blu-ray再生に対応したフラッグシップ「UT」シリーズで、搭載されるHDD容量の違いで2モデルがラインナップされる。チューナーは地上デジタル、BS/110度CSデジタルをそれぞれ3基ずつ搭載する。新4K8K衛星放送用チューナーは搭載しない。

 機能の詳細を見ると、UHD Blu-rayの再生はHDR10のみに対応。地上デジタル放送やBlu-rayなど2K映像の4K/60pアップコンバート再生はもちろんのこと、映像画質調整は「スタンダード」「シネマ」など計7種類を搭載。録画機能の特徴としては、繰り返し視聴した番組などを分析/学習し、自動で録画してくれる「AI録画」がポイントだろう。HDMI出力が映像と音声を分離できる2系統なのはAVファンに嬉しいところ。

 その他Blu-rayレコーダーは、3チューナー搭載仕様の「HT」シリーズと、2チューナー仕様の「HW」シリーズも登場する。それぞれHDD容量の違いで2モデルをラインナップし、両シリーズともUHD Blsu-ray再生は非対応だ。

 最後に、昨年スタートしたヤマダ電機独占でのフナイ製テレビの販売実績は、マーケットシェア率目標の5%を超える7%を達成したという。両社は今回の有機ELテレビが投入される今期の目標を15%に設定し、長期目標としている2020年のマーケットシェア率20%を達成したいと抱負を述べていた。フナイからは、近々に新4K8K衛星放送に対応したチューナーの登場も予告された。

最終更新:7/6(金) 10:59
Stereo Sound ONLINE