ここから本文です

ハワイの日焼け止めは<Reef Safe>へ。販売禁止で地元の反応は?

7/5(木) 18:02配信

FNN PRIME

2021年からサンゴ礁に有害な日焼け止め禁止

アメリカ・ハワイ州で3日、サンゴ礁への有害性が指摘される物質を含む日焼け止めの販売や流通を禁じる法案が、州知事により署名された。世界初の試みとのこと。

【写真】サンゴ礁に有害な日焼け止めが禁止されるハワイ

ハワイの日差しは強烈で日焼け止めは不可欠だ。使わなければ皮膚への深刻なダメージは避けられず、ドラッグストアやスーパーマーケットには、棚ひとつを占領するほどありとあらゆる種類の日焼け止めが並んでいる。しかし2021年から、私たちが良く知る日焼け止めの多くはハワイでは買うことができなくなる。

禁止法成立にホノルルの人は…

ハワイ好きの人には困惑のニュースだが、それより地元の人はどうするのだろう? 生まれも育ちもホノルルのアメリカ人に聞いてみた。

「ハワイの人も日焼け止めはもちろん使いますよ(笑)。ただ、今回の禁止された成分が海に有害だという研究結果が報じられた5年ほど前から、それらを含まない製品が増えてきました。<Reef Safe(=サンゴ礁に安全)><Eco-Conscious(環境を意識した)>という表示のものです。今後はそういうものを選ぶ傾向が強くなるでしょう。
ハワイの天然成分を使ったローカルプロダクトも人気です。従来のものより割高になることも多いですが、それは仕方がないですね」

禁止でサンゴ礁を守れるか

もちろん大手メーカーなどからは反発の声も上がっている。加えて、アメリカの、特に本土の大都市の多くはゴミの分別が日本ほど厳密ではない。大きなゴミ箱にビンも缶も紙屑も、氷や液体の入ったプラスティックのカップも、使用不能になったスマホまで一緒に捨ててしまう。環境保護に熱心な一部の人々を別とすると、市民の意識はまだまだという印象がある。

「そこがハワイなんです。私たちは美しい海を守らなければならない、という強い思いがある。便利さを求める本土の人とはちょっと違います。例えばシートベルトも、昔は誰もしていなかったけれど、今は安全のためみんなが着用するようになった。これは時代の流れでしょう」

とはいえ、この新法では観光客が持ち込む日焼け止めについては規制できない。まずは州内の店頭商品の取り締まりから始めるとのことで、世界初の試みは人々の善意に支えられてのスタートとなりそうだ。

最終更新:7/5(木) 21:29
FNN PRIME

Yahoo!ニュースからのお知らせ