ここから本文です

本田圭佑、私服は意外と庶民的? 「3800円デニム履くんや」

7/6(金) 17:38配信

J-CASTニュース

 通販サイト「ZOZOTOWN」を運営するスタートトゥデイの前澤友作社長が2018年7月6日、サッカー日本代表・本田圭祐選手(32)の私服写真について「ZOZOのスリムテーパードデニム履いてくれてる!」とツイッターで指摘した。

【画像:本田選手の3800円デニム姿】

 ZOZOTOWNの商品紹介ページによれば、このデニムの値段は税込3800円(送料別)。これにインターネット上では、「あのケイスケ・ホンダが3800円のデニム履くんや」といった驚きの声も出ている。

■ZOZO社長「本人に確認した」

 発端となったのは、本田選手が5日夜にツイッターで公開した私服ショットだ。「シンジ、メディアには関係悪化されるような書かれ方を沢山したけど、俺はずっとお前を認めてたよ」として、香川真司選手と仲睦まじげに肩を組んだ写真を掲載したのだ。

 写真の本田選手は、黒いTシャツにライトブルーのデニムというラフな服装。投稿のリプライ(返信)欄には、「本田さんのデニム姿に萌えました」「スタイリッシュでオシャレ」といった声も寄せられていた。

 この写真に反応したのが前澤氏だ。翌6日午後のツイッターで、

  「本田さん、ZOZOのスリムテーパードデニム履いてくれてる!! ありがとうございます」

と指摘したのだ。続くツイートでは、「ちゃんと本人に確認した」とも明かしていた。

 「ZOZO」はスタートトゥデイが18年1月に展開を始めたプライベートブランド。体型採寸用のボディスーツで計測したデータを基に、個人の体形に合わせたアイテムを届けるのが特徴だ。そのうち、スリムテーパードデニムは、

  「裾上げもベルトもいらない、あなたサイズのデニムパンツ」(販売ページより)

と説明されている。投稿写真を見る限り、本田選手のデニムは「ライトインディゴブルー」のようだ。

モデルの1人に起用

 その後、スタートトゥデイ社コミュニケーションデザイン室長の田端信太郎氏も、「あの本田さんが、履いてるのはZOZOのスリムテーパードパンツデニム:3800円!」と反応。こうした関係者からの指摘を受けて、ツイッターやネット掲示板には、

  「あのケイスケ・ホンダが3800円のデニム履くんや」
  「自分が『いい』と思ったものが、偶然『3800円』だっただけ(中略)自分の判断(購入)基準に自信があって、正直なのが世界のホンダ」

といった反応も出ることになった。

 なお、スタートトゥデイが1月31日に公開したZOZOブランドのイメージビジュアルでは、モデルの1人に本田選手が起用されている。また、スタートトゥデイ社の7月3日の会見の模様を伝えた「BusinessInsider Japan」公式ツイッターによれば、その壇上で前澤氏は、

  「本田さんも(サッカーで)足は太いですが、(編注・ZOZOの)デニム提供し、本当に感動し、ご出演いただいています」

と明かしたという。

最終更新:7/6(金) 17:38
J-CASTニュース