ここから本文です

最高のテクニック“ローリング・ネイマール“を実践する子供たち

7/6(金) 12:53配信

ムンドデポルティーボ日本語公式

 ワールドカップ準々決勝を前に、ブラジル代表ネイマールの倒れ方が“大げさ“だと批判を集めている。軽い接触でも派手に転んで痛がるその様子を「自分を守るため」と擁護する人もいるが、多くの人はやはり懐疑的に見ているようだ。

【動画】 “ローリング・ネイマール“を実践する子供たち

 ノックアウトステージ1回戦で対戦したメキシコのフアン・カルロス・オソリオ監督は「あまりにも過剰な演技だ。世界中の子供たちが見ているのに、あれは良いお手本にならない。恥ずかしいことだよ」とネイマールを批判していた。
 
 その“ローリング・ネイマール“を実践しているフットボール・スクールもある。SNSにアップされた動画には、トレーニングの最後に子供たちがピッチを転げまわる様子が収められていた。この“ネイマール最高のテクニック“を模倣する動画はほかにもいくつかアップされており、オソリオ監督が言ったように良いお手本にはなってなかったようだ。

 ある調査によると、今大会でネイマールがピッチに転がっている時間は合計14分にも及ぶそうだ。

Mundo Deportivo

あなたにおすすめの記事