ここから本文です

卵巣腫瘍の手術を乗り越えた女性タレント、復帰後の水着写真を披露

7/6(金) 16:05配信

トレンドニュース(GYAO)

卵巣腫瘍の手術を受けたタレント・林美佐が、芸能活動に復帰した後に撮影した水着写真を披露した。手術跡はきれいに消えており、「今はかなり医学が進んでおります」とうれしげに語った。

手術後の修整なしグラビア写真に驚き>>

林は昨年2月、卵巣腫瘍が見つかったとして芸能活動を一時休止。今年2月に復帰を発表した。そんな大病を乗り越えた林が、「ぶるぺん」に出演。腫瘍発覚から手術までの大変な道のりや、手術中に起きたアクシデントについて語った。林は病気を公表した理由のひとつとして、「世の女性に『検査をした方がいいですよ』と伝える意味も込めて発表しました」と説明している。

芸能活動に復帰して、再び水着撮影も行うようになった。番組では、手術後の水着写真も紹介された。番組アシスタントを務めるタレント・小池美由は、「かわいい!」と歓声を上げて、「傷跡は……? 手術されているわけじゃないですか」と手術跡らしきものがまったく見えないことについてたずねた。

林いわく、もともと3センチほどの手術跡が腰元に3カ所あったが、きれいに消えたそう。「だから、『傷跡が残るかも』と躊躇(ちゅうちょ)せずに(手術を受けてほしい)。今はかなり医学が進んでおります」と呼びかけて、手術跡を修整しているわけではないことを強調した。

(文/原田美紗@HEW)