ここから本文です

室蘭の円形校舎 売ります 旧絵鞆小学校の校舎と体育館 市が公募

7/6(金) 11:13配信

北海道新聞

買い手がなければ1棟は解体

 【室蘭】室蘭市は5日、旧絵鞆(えとも)小学校の円形校舎2棟について、売却先の公募を始めた。現存する円形校舎は全国的に珍しいとされ、同校は2棟が並ぶ。市は耐震性に問題がある1棟の解体を検討していたが、市民団体が2棟とも存続を求めたため、民間に活用を委ねた格好。ただ買い手が見つからなければ、1棟は解体されることになる。

【ドローン撮影】連なる円形校舎 まもなく閉校の絵鞆小=2015年2月

「貴重な建物を2棟とも残すべきだ」と署名活動

 2棟は築60年の校舎棟と築59年の体育館棟で、ともに鉄筋コンクリート造り3階建て。2015年の閉校後、耐震補強済みの校舎棟は市教委分庁舎として活用され、耐震性のない体育館棟は閉鎖されている。市は当初、体育館棟の解体を検討していたが、市民団体が「貴重な建物を2棟とも残すべきだ」として、保存を求める署名2799筆を集めたことなどを受けて、売却へ切り替えた。

 2棟一括で売却し、売却先は建物の活用策も審査対象とする公募提案型で決める。最低価格は1256万3千円。活用策で体育館棟に人の出入りがある場合は、耐震補強が求められる。10月25日まで公募し、売却先が見つからなければ体育館棟は解体される見通し。

 市教委は「行政だけで維持するのは困難」とし、存続を求めてきた市民団体「旧絵鞆小活用プロジェクト」代表の三木真由美さん(44)は「金額がネックになって買い手が付くかどうか不透明」と指摘する。

最終更新:7/6(金) 11:13
北海道新聞

Yahoo!ニュースからのお知らせ

あわせて読みたい