ここから本文です

洞窟で救助を待つ少年たちにチリ鉱山生存者“スーパーマリオ”からメッセージ

7/6(金) 12:04配信

FNN PRIME

ツイッターにメッセージを投稿

2010年に起きたチリ鉱山落盤事故で救助されたスーパーマリオことマリオ・セプルベダ氏が4日、自らのツイッターにメッセージ動画を投稿した。

動画で温かいメッセージを送るマリオ氏

事故以来、鉱山での仕事はしていないマリオさんだが、動画ではおなじみのヘッドランプ付のヘルメットと作業ベスト姿で少年たちに40秒の力強いメッセージを送っている。

「くじけるな!」

「くじけるな!地下にいる12人の少年たちとその家族に祈りを捧げ、力を届けたいと思います。タイ政府当局が可能な限りの尽力をすれば、救助は間違いなく成功します。神様のご加護がありますように。逆境にいる子供たち、そして家族の皆さま、一人一人に祈りを捧げます。
チリ・コピアポのサンホセ鉱山で救助されたマリオ・セプルベダより」

「温かい言葉が何よりの励ましになる!」

マリオさんはまた、「僕には彼らを見捨てることはできない」として、チリ政府に呼びかけ、資金とノウハウの提供を呼び掛けていることを明らかにした。
さらに、「可能であれば、自分もタイに行って子供たちを勇気づけたい」と話している。

地下で救助を待つ間、マリオさんは明るいキャラクターで仲間を励まし続けたことで知られている。
しかし、マリオさんは救出されて以来PTSDの影響もあり、鉱山での仕事には戻らず、講演活動などを行っている。

マリオさんは、タイの洞窟にいる少年たちにとって、温かい言葉が何よりの励ましになると、語っている。

6年前の「奇跡の救出劇」が今度はタイで実現するのか、世界中が見守っている。

(執筆:フジテレビ 国際取材部 中本智代子)

最終更新:7/6(金) 15:57
FNN PRIME

Yahoo!ニュースからのお知らせ