ここから本文です

異例の“7人同時執行” 幹部ら選んだ死刑はなぜ今行われたのか?

7/6(金) 20:53配信

FNN PRIME

法務省は6日、地下鉄サリン事件などを起こしたオウム真理教の元代表、麻原彰晃こと松本智津夫死刑囚(63)と元幹部の計7人の死刑を執行した。

【画像】オウム死刑囚ら13人の現在をまとめる

オウム真理教による一連の事件では、松本死刑囚のほか、12人の死刑が確定している。

異例の“7人同日執行” …なぜこの7人が?

松本死刑囚のほかに死刑執行されたのは、井上嘉浩(48)、早川紀代秀(68)、中川智正(55)、新実智光(54)、遠藤誠一(58)、土谷正実(53)の各死刑囚。7人の同日死刑執行は異例のことだ。

ではなぜ、このタイミングだったのだろうか。
そして、なぜ13人のうちこの7人が6日、死刑を執行されたのだろうか。

「直撃LIVEグッディ!」ではオウム真理教家族の会の代表・永岡弘行さん、伊藤芳朗弁護士、警視庁元捜査1課長の山田正治さん、フジテレビ社会部の平松秀敏デスクにお話を伺った。


安藤優子:
死刑執行された7人と、いまだ執行されていない6人、どのように線引きされたと考えられますか?

平松氏:
明らかに、教団内の地位の高さや役割、大きい事件で深く関与している人間を選んで執行したと思います。林泰男死刑囚や横山真人死刑囚、地下鉄の中で実際にサリンを散布した人間は、今回死刑執行されていないんです。それよりも、それを教団の意思として決めた人間、犯罪行為を行わせた人間の罪が重いという考えから、この7人を選んだと思います。

安藤:
きょうの死刑執行について、どういう思いを持ちましたか。

永岡氏:
残念ですね。もっともっと、解明しなければならないことが多々あると思います。

安藤:
松本死刑囚は法廷でも意味のないことをつぶやいて、法廷の場では何も語らないに等しかったですよね。なぜこのような事件が起きたのか、その解明は何一つされていないと言ってもおかしくないと、私も思います。

伊藤弁護士:
松本死刑囚の死刑執行については、やっとここまできたか、という思いはあります。それ以外の6人については、法律で決まっていることでやむを得ないとはいえ、加害者の側面と、松本智津夫によって絡めとられた被害者の側面があるということは、忘れてはいけないと思います。

大村正樹フィールドキャスター:
オウム真理教の13人の死刑囚は、東京拘置所に身柄を置いていましたが、今年3月に7人が移動しています。


大村:
東京拘置所ではきょう、松本智津夫死刑囚、土谷正実死刑囚、遠藤誠一死刑囚の3人が死刑執行されました。1つの拘置所でこれだけ多くの人が執行されるのは聞いたことがないのですが…。

平松氏:
私の知る限りは、1日の中でしかも午前中に、3人も同じ刑場で死刑執行するというのは、前例がありません。

安藤:
東京拘置所の刑場はいくつあるんですか?

平松氏:
1つしかないと言われています。

大村:
死刑執行までの流れが、こちらです。

1/2ページ

最終更新:7/6(金) 22:39
FNN PRIME

Yahoo!ニュースからのお知らせ