ここから本文です

欧州CL、ELでも通信機器の活用が可能に…さらなる分析合戦の様相

7/6(金) 7:35配信

ゲキサカ

 欧州サッカー連盟(UEFA)は2018-19シーズンのUEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)、UEFAヨーロッパリーグ(EL)において、コーチングスタッフが試合中に通信用の電子機器を活用できるようになると発表した。この決定は、すでにロシアW杯でも導入されている国際ルールに準拠したものだ。

 イギリス国営放送『BBC』によると、電子機器の使用は戦術的目的、コーチング目的でも可能。さらなる分析合戦の加熱が予想される。またそれだけでなく、プレーヤーの安全に関係する場合にも用いられるという。

 17-18シーズンの欧州CL決勝では、リバプールGKロリス・カリウスが脳震盪を負った後もプレーを続けていたことが問題視されたが、このようなケースも未然に防げるようだ。

 同様のルールはロシアW杯でも導入済み。加えて延長戦では、4人目の交代選手が認められる他、両トーナメントの決勝ではサブメンバーの枠も増加。現状の7人(先発含めて18人)から12人(同23人)になるという。

最終更新:8/21(火) 20:35
ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

今日のJリーグ 試合情報

J1