ここから本文です

MLBと最年少契約!16歳の右腕結城 中学卒業後、直接

7/7(土) 12:17配信

デイリースポーツ

 大リーグのロイヤルズが大阪府在住の結城海斗投手(16)と契約する方針であることが7日までに明らかになった。マイナー契約とみられ、8日に正式発表される。今春、中学を卒業した右腕は16歳になったばかりで、MLBと契約する日本人選手では最年少となる。

 結城は中学まで河南リトルシニア(硬式)に所属。中学3年ですでに187センチの恵まれた体格を持ち、140キロ超の速球を武器に昨夏米国イリノイ州で行われた国際大会、MCYSA全米選手権に日本代表として出場した。日本の強豪高校からも注目されていたが、中学卒業後に直接MLB入りという異例の道を選ぶことになる。

 過去には2006年、ブレーブスが16歳の元高校生と当時最年少でマイナー契約を結んでいたが、結城はこの時より1学年下。NPBでは阪神が04年度ドラフト8巡目で、当時15歳の辻本賢人投手(米国・マタデーハイスクール休学中)を指名し、ドラフト史上最年少で契約した。