ここから本文です

日大が新監督の選考基準を発表 「時代に適合した指導力」など4点

7/7(土) 13:06配信

デイリースポーツ

 アメリカンフットボール部の悪質タックル事件が社会問題となっている日大は7日、同部の新監督を決める選考委員会が定めた選考基準を発表した。選考委員会(上杉昌隆委員長)は6日に第1回会合を行っていた。

 選考基準は次の4点。

 1・選手の自主性、独立性を尊重した抜本的なチーム改革をする能力が高いと評価できる方

 2・選手やチーム内にアメリカンフットボールを通して品格や倫理観を浸透させるための具体的な方法論を有している方

 3・選手との相互理解を基盤とする時代に適合した指導力があり、教育的な観点や視点から指導をする能力があると評価できる方

 4・常に学ぶ姿勢や意欲を持ち、周囲から信頼されている方。

 この4点を骨子としつつ、第三者委や関東学連の調査報告書の提言などを踏まえて、今後行われる選手とのヒアリングを参考に選考を行っていくという

 選考委員会は弁護士の上杉委員長のほか、フリーアナウンサーの有馬隼人氏、スポーツライターの青島健太氏ら外部有識者7人で構成されている。

 同タックルを巡っては、関東学連、日大が立ち上げた第三者委員会とも内田正人前監督、井上奨前コーチの指示があったことを認定した。関東学連は内田氏、井上氏の除名を決定。今季の公式戦出場停止処分を下したチームに対して、体制一新と再発防止を条件に、処分を解除する方針を示しており、新たな指導体制に注目が集まっている。再建案提出の締めきりは17日となっており、選考委はそれまでに新監督を選定する。日大が行ったコーチを含めた指導者公募には、外国人7人を含む69人が応募している。

 また、選考委員会は監督選考後は一定期間のオブザーブ機能(基準が満たされているかのチェック機能)を持つという。