ここから本文です

福岡・佐賀・長崎の大雨特別警報は解除

7/7(土) 8:21配信

ウェザーマップ

 気象庁は、7日午前8時過ぎ、福岡県、佐賀県、長崎県の大雨特別警報を解除した。引き続き、広島県、岡山県、鳥取県、兵庫県及び京都府に大雨特別警報が発表されている。

 西日本から東日本に停滞している前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込んでいるため、大気の状態が非常に不安定となり、前線活動が活発な状況が続いている。このため、西日本と東日本では広い範囲で記録的な大雨となっている。前線は7日(土)からあす8日(日)にかけて東日本から北日本に北上し、前線上の低気圧はあすにかけて北陸地方沿岸から北日本を北東に進む見込みだ。西日本では前線が停滞し、きょうは活動が活発な状況が続くものとみられる。あすは次第に活動が弱まる見込みだ。

日曜にかけて西~北日本で断続的に激しい雨に

 西日本から北日本では、あすにかけて断続的に雷を伴った激しい雨が降り、きょうは西日本や東日本で局地的に非常に激しい雨や猛烈な雨が降るおそれがある。今後の雨の降り方によっては特別警報を他の地域にも発表する可能性がある。大雨による災害に最大級の警戒が必要となる。また、落雷や竜巻などの激しい突風に注意が必要だ。