ここから本文です

処分決定の巨人河野「反省」篠原「野球で取り返す」

7/7(土) 20:38配信

日刊スポーツ

 巨人は7日、不適切な行為を行い、6月13日から謹慎となっていた河野元貴捕手(27)と篠原慎平投手(28)に正式処分を下した。

【写真】巨人の篠原慎平投手

 今期中の期限を定めない出場停止と、18年の参稼報酬のうち7月以降に支給予定の金額の20%に相当する金額の罰金を課したと発表した。年俸700万円の河野は約70万円、同1440万円の篠原は同145万円とみられる(金額は推定)。

 2人は8日からファーム練習に合流し、今後の練習姿勢や大いなる反省が認められば、出場停止処分が解除されるという。

 両選手は6月10日深夜から翌11日未明にかけて、都内の飲食店の個室で知人の男女10人で飲食をしていた。その席で篠原が服を脱いで裸になり、同席した河野がスマートフォンで撮影。SNSのインスタグラムに自身のフォロワー限定で公開していた。

 河野は「いろいろな人にご迷惑を掛け、情けないことをしたと反省しています。これからの姿でしっかり返したいと思います」と話し、篠原も「チーム、応援してくれるファンの方々を裏切り、申し訳ありませんでした。私生活の行動はもちろん、野球で取り返せるように一生懸命頑張ります」と、それぞれコメントした。

 また球団は同会食に同行していた坂本勇人内野手(29)にも厳重注意したことを明かした。動画撮影時にはすでに店を後にしており、騒動には関与していないが「シーズン中に騒ぎを起こすような飲み会に同行していたことはキャプテンの自覚を欠く行為」(球団)として前日6日に注意したという。

最終更新:7/7(土) 21:06
日刊スポーツ