ここから本文です

72時間で世界各地に配達 アリババがベルギーにEC物流ハブ

7/7(土) 17:10配信

東方新報

【東方新報】ベルギーのシャルル・ミシェル(Charles Michel)首相は3日、ブリュッセルで阿里巴巴集団(アリババ・グループ・ホールディング、Alibaba Group Holding)の馬雲(ジャック・マー、Jack Ma)と会談した。二人はアリババの物流ネットワーク菜鳥網絡(Cainiao Network)のeコマースハブ拠点「スーパーeHub」をブリュッセルに設立し、欧州の中小企業がスマート物流ネットワークを活用して、世界各地に72時間以内で配達できる体制をサポートすると発表した。

 ミシェル首相は「欧州最初のeHubがベルギーに置かれたことは喜ばしい」とコメントした。

 ベルギーにはEU本部が置かれ、EUのGDPの60%が300キロ半径内に入る。物流はまだ活発でなく、成長性が期待できる。

 菜鳥によると、毎月200万個近い荷物が中国・ベルギー間を流通している。ベルギー企業の95%は中小企業で、eHubを通じて中国や世界市場での展開をしやすくなるとしている。(c)東方新報/AFPBB News

※「東方新報」は、1995年に日本で創刊された中国語の新聞です。

最終更新:7/7(土) 17:40
東方新報