ここから本文です

米駆逐艦2隻が台湾海峡航行 中国牽制か

7/8(日) 7:55配信

産経新聞

 【台北=田中靖人】台湾の国防部(国防省に相当)は7日夜、米海軍の駆逐艦2隻が同日午前、台湾南部の海域から台湾海峡に進入し、北東方向に向かったと発表した。米艦艇の台湾海峡通過は異例で、台湾への軍事的圧力を強める中国を牽制(けんせい)する狙いがあるとみられる。

 2隻はイージス駆逐艦マスティンとベンフォールド。2隻が所属する米海軍第7艦隊(本拠地・神奈川県横須賀市)のサイトでは6月27日、マスティンがフィリピン沖の南シナ海で展開していることが発表されている。

 ロイター通信は6月上旬、トランプ米政権が今年、中国を牽制するため2007年11月以来となる空母の台湾海峡通過を検討したが実施せず、代わりに他の艦艇の通過を検討していると報じていた。台湾では、昨年7月に中国の空母「遼寧」が台湾海峡を通過した際、米駆逐艦1隻が追跡していたとの報道がある。

最終更新:7/8(日) 7:55
産経新聞

Yahoo!ニュースからのお知らせ