ここから本文です

「岡田以蔵」伝記が突如売り上げ増 ゲーム「FGO」登場で...たちまち3刷に

7/8(日) 8:00配信

J-CASTニュース

 岡田以蔵(1838~1865)。土佐藩出身の志士として知られ、司馬遼太郎の小説「人斬り以蔵」では主人公として描かれた。とはいえ、同郷の坂本龍馬と比べればマイナー、あるいは「人斬り」というイメージから、ネガティブな印象を持つ人もいるかもしれない。

 そんな以蔵の伝記が、今売れている。きっかけは、スマートフォンゲーム「Fate/GrandOrder(FGO)」への登場だ。結果、4年以上前に刊行された『正伝 岡田以蔵』(松岡司著、戎光祥出版)がわずか1カ月足らずで品切れ、さらに重版、3刷が決まった。

■FGO出演で若い女性ファンが急増

  「正直想定していませんでした。社員一同驚いているところです」

 そう語るのは、版元の戎光祥出版で編集長を務める丸山裕之さんである。

 岡田以蔵は江戸末期の土佐藩に生まれた。土佐勤王党の盟主・武市半平太に従い、幕末の京都で「天誅」と呼ばれた暗殺に手を染めたことで知られる。最終的には土佐藩に捕えられ、28歳で処刑された。上記の「人斬り以蔵」のほか、同郷の龍馬を主人公とした作品にはしばしば登場、大河ドラマ「龍馬伝」(2010年)では佐藤健さんが演じた。

 そんな以蔵のほぼ唯一と言っていい、本格的な評伝が『正伝 岡田以蔵』だ。地元出身の松岡司さんが読売新聞高知版で連載したものを、戎光祥出版が2014年1月に上梓した。

 その売れ行きに「異変」があったのは、2018年6月のことだ。会社の公式ツイッターでこの本をPRしたところ、フォロワーから、近く人気ゲーム「FGO」に、以蔵が登場するという情報提供があった。

 「FGO」こと「Fate/Grand Order」は、人気作「Fate」シリーズの一作だ。東西の伝説・歴史上の偉人などを「サーヴァント」として召喚し、ともに戦うという作品で、ダウンロード数は5月までに1300万を超えた。国内スマホゲームの中でも、屈指の存在感を誇る。

 そのFGOに6月、新キャラクターとして以蔵が登場した。史実を踏まえつつ、屈折してはいるが人間味のある剣の達人として描かれ、一躍人気キャラに。特に女性人気が高く、SNSなどにはイラストや2次創作漫画などが次々と投稿されている。

1/2ページ

最終更新:7/8(日) 8:00
J-CASTニュース