ここから本文です

【ゼロワン火祭り】大谷晋二郎 黒星発進も「熱闘ポイントは大谷5点」

7/8(日) 17:53配信

東スポWeb

 18回目の開催となるゼロワン真夏の祭典「火祭り」が8日、東京・新木場1stRINGで開幕し、Bブロックから2年ぶりに出場した“炎の戦士”大谷晋二郎(45)は覆面戦士SUGIに敗れ、黒星発進となった。

 体格差を生かし、パワーでねじ伏せにかかったが、四次元殺法に苦戦した。終盤は必殺のスパイラルボムで勝利を狙ったが、これもカウント2・5で返されて万事休す。最後はスワンダイブ式ファイヤーバードスプラッシャに沈んだ。

 それでも試合後は「ご覧の通り負けたよ。皆さんが言うポイント(勝ち点)は0点か。でも俺の中では今日の熱闘ポイントは大谷5点、SUGI4点で今は大谷晋二郎が単独トップだ」と強がった。

 昨年はジュニアに専念することを理由に、第1回大会から連続出場していた祭典を初めて辞退した。他団体では同世代の選手たちがリーグ戦から卒業する中、再び祭典の舞台に立ったからには結果を残すことしか考えていない。「最後は熱闘ポイントと皆さんの言う勝率が一緒になって、あの刀(優勝者に贈られる火祭り刀)を手にするから」と話し、次なる戦いに気持ちを切り替えた。

 このほかBブロックでは優勝候補の佐藤耕平(40)がハートリー・ジャクソン(38)に敗れ、黒星スタートとなった。

最終更新:7/8(日) 17:55
東スポWeb