ここから本文です

桜島で民家巻き込む土砂崩れ 心肺停止状態の2人発見

7/8(日) 12:33配信

朝日新聞デジタル

 鹿児島市の桜島で民家が巻き込まれた土砂崩れで、同市は8日、2人を見つけたと発表した。いずれも心肺停止の状態だという。この付近では80代の夫婦が行方不明となっており、県警が身元の確認を急いでいる。

 土砂崩れは7日午後4時40分ごろ、桜島南部の同市古里町で発生。木造2階建て住宅の裏山が高さ約40メートル、幅約20メートルにわたって崩れ、住宅と近くの空き家の計2棟が倒壊した。市消防局などが重機も使って約180人態勢で捜索にあたっていた。(大崎浩義、井東礁)

朝日新聞社