ここから本文です

大谷「転がせば100%成功」3打席連続バント狙いを説明

7/8(日) 13:03配信

デイリースポーツ

 「エンゼルス1-3ドジャース」(7日、アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手(24)は「6番・指名打者」で出場し、4打数無安打2三振。3戦10打席連続ノーヒット(四球含む)で打率を・269とした。チームは敗れて勝率を5割に戻した。

【写真】フジ久慈暁子アナ、“市長公認恋人”大谷とツーショット

 大谷が3打席連続でセーフティーバントを狙う姿勢を見せた。二回と四回とは初球、七回は2球目。内野陣全体が右へ寄り、三塁線側を大きく空ける“大谷シフト”を逆手に取った策。公式戦だけでなく、オープン戦からシフトを敷く球団は多々あったが、大谷は「あそこまで極端なのはなかった。あれは転がせば100%成功という感じなので確率の高いところを選んだ」と説明した。

 3打席連続で試みたバントの結果は、ファウル、見送りボール、空振り。ヒットにつなげることはできなかった。この日で10打席連続ノーヒット(四球含む)。試合後、自身の打撃感覚を問われると「普通じゃないかなとは思います」と大谷。「いいところもありますし、悪いところもある。ずっとやってきましたけど、悪いところを改善しながらいきたいなと思います」と続けた。

 九回の打席ではドジャースの守護神ジャンセンのカットボールをとらえ切れず、ファウルボールが右ひざを直撃した。苦悶(くもん)の表情を浮かべる様子を見てソーシア監督が心配してベンチから飛び出すほどだったが、試合後は「大丈夫だと思います」と即答。あす以降の出場は患部の状態を見て判断することになりそうだが、「もちろん、そのつもりで準備はしたいなと思ってます」と話した。