ここから本文です

トランプ大統領が金正恩委員長にエルトン・ジョンの曲で伝えたかったこと…

7/8(日) 9:00配信

FNN PRIME

南シナ海問題も、追加関税問題も、米トランプ政権にとっては、自国の安全保障に直結する問題だが、これらの問題で米中関係が、悪化する中、北朝鮮の立場が興味深い状況になっている。
7月6日~7日、ポンぺオ国務長官が、C-32A型機で訪朝したのだ。6月12日のシンガポールでの米朝首脳会談後、初めての米朝高官の協議。ポンぺオ長官は3回目の訪朝だが、泊りがけの北朝鮮訪問は初めてだ。

【画像】「ロケット・マン」が入ったCDを託した意味は…

日本を攻撃できる弾道ミサイル発射機の生産継続か

ポンぺオ長官の訪朝を控えた6月末、米国のメディアや研究機関は、立て続けに、北朝鮮の核やミサイルについての疑惑を伝え始めた。

6月30日、アメリカの国際問題専門サイト『The Diplomat』は、米空軍の航空宇宙情報分析センター(NASIC)が、北朝鮮は2018年前半に、射程1000km以上、つまり、日本攻撃に使用できる北極星2型=KN-15型準中距離弾道ミサイルは生産していないが、北極星2型用移動式発射機の生産は継続され、約10両を北朝鮮はすでに保有していると伝えた。
移動式発射機の数量は、そのまま、弾道ミサイルを連射できる数に直結する。

日本を射程とする弾道ミサイルの連射能力に関わることでもあり、日本としては無視できないことだろう。同日(6月30日)、アメリカのNBC放送は、アメリカ情報機関筋が北朝鮮の複数の秘密施設で、核兵器の材料となる高濃縮ウランの製造が強化されていると分析したと報じた。

7月1日付のワシントンポストは、アメリカの当局者が「北朝鮮は、核計画の重要な部分を隠蔽するために努力しており、その備蓄を完全に放棄するつもりはない」と分析しているとの見方を伝えた。
翌7月2日、ウォールストリートジャーナルは、衛星画像の分析から、北朝鮮が咸興市にある主要ミサイル製造拠点の大幅な拡張工事を完了させつつあることが判明、と報じた。

そして、ポンぺオ長官の訪朝前日の7月6日には、北朝鮮専門の研究機関、38NORTHが、衛星画像の分析の結果、寧辺の5メガワット原子炉の二次冷却システムの工事が完成したようだと報じていたのである。

1/2ページ

最終更新:7/8(日) 9:00
FNN PRIME