ここから本文です

戦争、貧困…… 世界で最も危険な国 ワースト28

7/8(日) 20:10配信

BUSINESS INSIDER JAPAN

シンクタンク「インスティテュート・フォー・エコノミクス・アンド・ピース(Institute for Economics and Peace)」は、2018年のグローバル・ピース・インデックス(世界平和指数)を発表した。

【全写真】世界で最も危険な国 ワースト28

世界163カ国を対象に、殺人率や政治テロ、内戦による死者数といった23の観点で、その国の平和度を評価、ランキングを作成した。

世界で最も安全な国が西側諸国や東アジアの先進国に集中する一方で、最も危険な国はアフリカや中東に多くなっている。貧困や戦争が、国の安定の妨げとなっている。

2018年のランキングでは、7年にわたり内戦の続くシリアが世界で最も危険な国となった。戦争によって破壊されたイラクやアフガニスタンといった国がそれに続く。

以下、世界で最も危険な国ワースト28を紹介しよう。国名の隣に並記した数字は、大きいほどその国が安全でないことを示している。

(※全写真は記事上部のリンクからご覧になれます)

28位

インド--2.504

27位

フィリピン--2.512

26位

エリトリア--2.522

25位

エチオピア--2.524

24位

メキシコ--2.583

23位

パレスチナ--2.621

22位

エジプト--2.632

21位

ベネズエラ--2.642

20位

マリ--2.686

19位

コロンビア--2.729

18位

イスラエル--2.764

17位

レバノン--2.778

16位

ナイジェリア--2.873

15位

トルコ--2.898

14位

北朝鮮--2.950

13位

パキスタン--3.079

12位

ウクライナ--3.113

11位

スーダン--3.155

10位

ロシア--3.16

9位

中央アフリカ--3.236

8位

コンゴ--3.251

7位

リビア--3.262

6位

イエメン--3.305

5位

ソマリア--3.367

4位

イラク--3.425

3位

南スーダン--3.508

2位

アフガニスタン--3.585

1位

シリア--3.60









[原文:The 28 most dangerous countries in the world]

(翻訳、編集:山口佳美)