ここから本文です

巨人柿沢、高級外車維持など楽天時代から借金重ねる

7/8(日) 7:43配信

日刊スポーツ

 巨人は7日、柿沢貴裕外野手(23)が同僚選手の野球用具を盗み、中古ブランド品買い取り専門店に売却する不正を行ったとして、同日付で契約解除したと発表した。消費者金融からの借金があり生活費に困窮。5~6月に12回にわたり、川崎市のジャイアンツ球場の選手ロッカー室から阿部らのバット、菅野らのグラブなど約110点を盗み出して売却し、約100万円の収入を得ていた。球団は統一契約書第17条(模範行為)に違反し、野球協約第60条の不品行に該当するとして契約の解除を決めた。

【写真】ジャイアンツ球場を訪れた巨人柿沢

 柿沢が人間として、そして野球人として、あるまじき行為を犯した。球団によると5月2日から6月21日にかけて12回にわたり、ジャイアンツ球場の選手ロッカーで大量の野球用具を盗み出した。阿部、長野、坂本勇、小林らのバット約40品、菅野、岡本らのグラブ約20品、マギー、亀井、畠らのユニホーム約30品、陽岱鋼らのスパイクなど含めると合計で約110点に上った。それを中古ブランド品買い取り専門店に売却し、約100万円の収入を得ていた。

 6月下旬、ある選手がユニホームが同専門店からネットオークションに出品されていることに気づき、球団が調査を開始。防犯カメラに用具を盗む柿沢が写っており、7月上旬に本人にも事情聴取し、認めたことから謹慎にしていた。契約解除を通達された柿沢は球団を通して「ライバルであり、仲間と思って一緒にやってきた選手を裏切ってしまい、申し訳ありませんでした」と言葉を残した。球団も「当球団の支配下選手がこのような不正を起こしたことを、遺憾に思います」とコメントした。

 柿沢は楽天時代から消費者金融から借金を重ねていた。高級外車の維持などにお金を費やし、巨人移籍後も結婚して家賃や食費など出費もかさんだ。ギャンブルはしていないというが、推定年俸500万円のうちから借金の返済を続けると、生活に困窮した。

 球団は6日に神奈川県多摩警察署に被害相談をして、現状では被害届を出すことも弁償を求めることも未定。今後の対策で選手ロッカーの見回り強化、生活相談の窓口設置を検討している。16年オフにトレードで楽天から移籍。1軍出場はないが打撃センスを買われていた。将来の期待をかけられながらも、借金返済のために仲間の商売道具を盗み、売りさばく愚行の代償は、あまりに大きかった。

 ◆柿沢貴裕(かきざわ・たかひろ)1994年(平6)7月30日、鹿児島県生まれ。神村学園では2年夏から3季連続で甲子園出場。12年ドラフト6位で楽天入団。15年から育成選手になるも、16年7月に支配下選手へ復帰。同年12月小山とのトレードで巨人へ移籍。今季は2軍戦で48試合で111打数39安打、9打点、打率3割5分1厘。180センチ、86キロ。右投げ左打ち。今季推定年俸500万円。

最終更新:7/8(日) 18:05
日刊スポーツ

Yahoo!ニュースからのお知らせ