ここから本文です

朝までゲームに熱中!? W杯早期敗退のドイツに衝撃事実が発覚

7/8(日) 12:16配信

ゲキサカ

 これが事実であれば、ドイツ代表はグループリーグを甘くみていたのかもしれない。ドイツ『ビルト』が驚きの噂話を報じた。

 連覇を期待されてロシアW杯に臨んだドイツ。メキシコとの初戦を0-1で落とすと、第2節のスウェーデン戦は後半アディショナルタイムの劇的ゴールで辛くも勝利をおさめたが、最終節で韓国に0-2で敗れ、まさかのグループ最下位で早々に敗退が決まった。

 優勝候補にも挙げられていたドイツが醜態をさらす形となったが、それに追い打ちをかけるような“奇妙な噂”が話題となっている。

 同紙によると、TVゲームに熱中する選手がいたため、ドイツサッカー連盟が合宿所のネットを遮断する事態に発展した模様。選手たちは、『FIFA18』や『コール・オブ・デューティ』、『フォートナイト』を早朝までやっていたようで、同連盟が少なくとも1回はネットを遮断したという。

 早朝までゲームに熱中していたことが原因で寝不足となり、パフォーマンスに影響したとなれば、国民も黙っていないだろう。

最終更新:7/8(日) 12:16
ゲキサカ