ここから本文です

広末涼子の20年前の写真集「NO MAKE」に未公開カット加えデジタル配信

7/9(月) 0:00配信

映画ナタリー

1998年に発売された広末涼子のセカンド写真集「NO MAKE」が、デジタル完全版として本日7月9日より配信される。

【写真】デジタル写真集「NO MAKE」書影(メディアギャラリー他6件)

10代の広末にカメラマンの熊谷貫が500日間密着し、発売当初25万部を超えるヒットを記録した「NO MAKE」。この完全版には、未公開カットも収録される。

この発表にあたり広末からコメントが到着。1990年代から彼女を応援しているファンに「自分はヒロスエ世代です」と言われることがあるという広末は「どうしてこんなに田舎の素朴な女の子がそこまで支持していただけたのか(笑)。ただ、そう言っていただけるのは、応援してくださった方々が、それぞれの立場で今、頑張られているからなんだと思います。だから、私も“ヒロスエ世代”の一員として(笑)これからも一緒に頑張っていきたいと思っています」と話した。

「NO MAKE」は8月9日までの1カ月限定で、リリース記念特別価格として1620円で配信。以降、通常価格の1944円となる。

なお広末が舘ひろしや黒木瞳と共演した「終わった人」は、現在全国で上映中。

広末涼子 コメント
当時を振り返って
「NO MAKE」を撮影している頃は、本当に忙しかったけど、
小さい頃からこの世界に入ることが夢だったから。
落ち込んでいる暇もないから、起きているときはずっと元気で!
気づいたら寝てる、みたいな感じでした。

“ヒロスエ世代”のファンに関して
最近、ありがたいことに「自分はヒロスエ世代です」って言っていただくことがあるんです。 90年代に私を応援してくださっていた同世代の方々のことなんですけど……。どうしてこんなに田舎の素朴な女の子がそこまで支持していただけたのか(笑)。ただ、そう言っていただけるのは、応援してくださった方々が、それぞれの立場で今、頑張られているからなんだと思います。だから、私も“ヒロスエ世代”の一員として(笑)これからも一緒に頑張っていきたいと思っています。

最終更新:7/9(月) 0:00
映画ナタリー