ここから本文です

西日本の豪雨災害 県内自治体が給水支援

7/9(月) 19:29配信

RKK熊本放送

RKK熊本放送

豪雨による大きな被害が出ている広島県で給水活動を行うため、熊本市などの職員が現地に出発しました。

9日午前、熊本市上下水道局の職員6人が広島県呉市に派遣されました。
「熊本地震でいろいろな方々に支援してもらった。少しでも被災した人たちの役に立てればと思っています」(熊本市上下水道局の職員)
職員たちは今月15日まで市民への応急給水や漏水の点検などを行う予定です。
また、玉名市も9日から呉市に職員4人と給水車を派遣しました。日本水道協会によりますと呉市では約9万3000世帯で断水が続いていて、10日にはさらに熊本市や益城町などが職員と給水車を追加派遣することになっています。

RKK熊本放送

最終更新:7/9(月) 20:07
RKK熊本放送