ここから本文です

カンニング竹山、首都圏マスコミは「他人事みたい」 豪雨被害で「報道特番ないんだ...」

7/9(月) 20:02配信

J-CASTニュース

 「甚大な被害が起こっているのに、他人事みたいになっちゃっている」――。

 お笑いタレントのカンニング竹山さん(47)が2018年7月9日放送の「ビビット」(TBS系)で、西日本を中心とした豪雨被害をめぐる首都圏メディアの報道に疑問を投げかけた。

■「のんきに他のニュースをやっている場合じゃない」

 竹山さんは18年7月9日朝の「ビビット」出演直前、ツイッターで「終わってんな...」と意味深な一言をつぶやいた。6分後には、

  「西日本であれだけ甚大な被害が起こっているのに報道特番ではないんだ...」

とツイート。テレビ各局が西日本を中心とする記録的な豪雨被害の報道特別番組を組まないことに、疑問を呈した。

 9日朝の情報番組は、NHKのニュース番組「NHKニュース おはよう日本」から民放各局のワイドショー番組まで、通常どおりの編成だった。被災地で生中継するなどして豪雨被害のニュースに時間こそ割いたものの、「ビビット」冒頭で伝えたのは、タイ北部の洞窟に閉じ込められた少年らの救出活動だった。

 竹山さんは番組で、こうした報道に「今回、東京のメディアが結構やらない(報じない)もんですから、多大な甚大な被害が起こっているのに、他人事みたいになっちゃっていることがおかしいと思うんです。のんきに他のニュースをやっている場合じゃない」と違和感を表明。その上で、

  「全国に川もあって山もある。他人事じゃないですよ、どこでも起こるんです。川の氾濫なんて東京でも東日本でも西日本でもどこでも起こる。岡山県とか愛媛県の人たちもまさか自分のところでなると皆、思っていない。いくらハザードマップとかやっていたとしても、自然には勝てないから人間は」

と持論を述べた。

「地方はどうでもいいのか?」

 竹山さんはさらに、「死者も80人以上亡くなっているわけだから、とんでもないことが起こっているんですよね」と、改めて被害の大きさを強調。その上で、

  「これから我々が何をやるかというと、東日本大震災とかと一緒で、まず人道支援が必要になりますよね。お金も必要です。慌てるんじゃなくてゆっくり、何を手伝えるか、どういう支援ができるかを考えていかないといけない」

と話していた。

 こうした竹山さんの発言を受けて、ツイッターなどインターネット上では、

  「竹山さんよく言ってくれた どうして関東圏バラエティ流してんだよと思ったわ」
  「東京一極集中の弊害でしかない」
  「東京に何もなかったら地方はどうでもいいのか?と思ってしまう」

と共感の声が続出。一方では、

  「全てのチャンネルで全て報道をしなければいけませんか? そういうことはNHKでいいのでは?」
  「被災地に迷惑をかける事が目に見えてますので、報道特番しなくていいのではないかと思ってしまう自分もいます」

との声も寄せられている。

最終更新:7/10(火) 10:22
J-CASTニュース

Yahoo!ニュースからのお知らせ