ここから本文です

スペインサッカー連盟、新スポーツディレクターを発表…前任はイエロ氏

7/9(月) 20:32配信

GOAL

元スペイン代表GKフランシスコ・モリーナ氏がスペインサッカー連盟(RFEF)のスポーツディレクターに就任することが発表された。

ロシア・ワールドカップでの優勝が期待されていたスペインだったが、開幕直前に大会終了後のレアル・マドリー監督就任を発表したジュレン・ロペテギ前監督を解任。後任としてスポーツディレクターを務めていたフェルナンド・イエロ氏が開幕前日に新監督に就任していた。

本大会では決勝トーナメント1回戦でロシアに敗れ、ベスト16で敗退したイエロ監督は、大会後に監督およびスポーツダイレクターの辞任を発表。これにより空席となっていたスポーツディレクターにモリーナ氏が就任することが発表された。

モリーナ氏は現役時代、バレンシアやアトレティコ・マドリーなどで活躍。引退後は香港やインド、メキシコなどで指導をしていた。元スペイン代表GKはRFEFのルイス・ルビアレス会長とレバンテで共にプレーした経験を持つ。

GOAL

最終更新:7/9(月) 20:32
GOAL