ここから本文です

<経済連携協定>日EU署名、17日に東京で

7/9(月) 20:14配信

毎日新聞

 【ブリュッセル八田浩輔】西日本の豪雨災害への対応で安倍晋三首相が欧州・中東への訪問を中止したことを受け、日本政府と欧州連合(EU)は11日にブリュッセルで予定されていた経済連携協定(EPA)の署名式を延期し、17日に東京で行うことで合意した。欧州委員会の報道官が9日発表した。EU側はユンケル欧州委員長が出席する。

 日EUはEPAの締結で自由貿易体制の推進を掲げ、米トランプ政権の保護主義に対抗する構え。署名式は象徴的なイベントとして重視しており、両首脳が出席して行うことが必要と判断した。EUのトゥスク欧州理事会常任議長(EU大統領)は9日、ツイッターで豪雨災害へのお悔やみと欧州の連帯を表明。「EUはできる限りの支援をする」と強調した。

最終更新:7/9(月) 20:14
毎日新聞